微弱電荷技術

日常の様々な場で貢献している「微弱電荷技術」

「微弱電荷技術」は、産業界(JR、自動車、建築など)・官庁(国土交通省、農水省など)で

多くの使用実績がある世界唯一の特殊加工技術です。

「人工宝石」(ルビー・エメラルドなど)

洗剤を一切使用しない洗濯機

道路上の白線ペイント

橋の振動防止技術として

公共物の落書き除去

自動車や新幹線の外装塗料の常温固定

​等々。

「微弱電荷技術」とは

地球上に存在するすべての物質が保有する、とても微弱な電気的性質のことです。


目的に応じて、この微弱電荷をコントロールすることで、

人と物、物と物の相性を高めたり、物質を分子レベルで結合したり、離したり、浸透させたり、

均一に分散させたりすることができる、世界唯一の特殊技術です。

「微弱電荷技術」は、波動技術とは異なります。

波動は物理用語であるにも関わらず、一般的には科学的ではなく、
宗教的意味合いで理解されていました。

それを科学として認識され、産業界で多くの実績を上げてきたのが、微弱電荷技術です。

 波動で言うと、横波の1軸(線の状態)が1D(1次元)、
横波×縦波の2軸(面の状態)が2D(2次元)、
横波×縦波×斜波の3軸(立体の状態)が3D(3次元)になります。

通常の波動技術では効果が継続しない、安定しないなど、
多くの欠点があるために、産業界での応用が困難でした。

3D波動「微弱電荷技術」は、その違いから、
前述した様にあらゆる産業界における物やサービスに活用されて来ました。

 微弱電荷技術は、更に、

3Dから4D「3軸+時間軸」へと

進化しています。

微弱電荷技術における磁線のイメージ

全ての物質が固有の磁線を持っていて、球体に磁線が発生しています。

ヒトとヒト、ヒトとモノ、モノとモノは磁線で情報交換をしています。

微弱電荷技術は、転写・電位差など方法によって磁線をコントロールできる、

世界唯一の技術です。

※磁線とは、横軸、縦軸、斜軸の磁波(磁性(電荷を持つ粒子の運動)の形と強弱)が球形に交差している状態のことを示し、時間軸を加えて4Dとなります。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram

Serendip株式会社