「診療と新薬」2004年9月号